知って得する不動産取得税とその制度

不動産取得税の基礎知識

取得の申告と納税

不動産に関係する税金は色々あります。
誰かから譲渡されても税金はかかりますし相続をしても同様です。
他にも法人であれば法人税が課せらせます。
単純に不動産を取得しただけであっても都道府県から一度限りではありますが不動産取得税というものが課せられたりと事前に知っておかなければいざという時に混乱してしまいます。
不動産の定義として土地及び家屋がこれに該当するということを覚えておきましょう。
土地には家を建てる宅地は勿論、畑や山林なども含まれ、家屋には居住する住宅だけでなく工場や倉庫、店舗なども含まれますので誤解のないようにしておきたいですね。

不動産所得税は譲渡、売買、贈与や建築などのいかなる理由であろうと新しい所有者に対して必ず発生します。
しかし一度しか不動産取得税は課せられないと言いましたが例外があり、所有者が変わる度に新たな所有者に対して発生するので短期間であっても所有している事実がある以上、同じ不動産に対して何度でも不動産所得税はかかってきます。

また、増改築を行うことで家屋の価値が上昇した場合も増改築した部分に対しての不動産所得税を課せられてしまい支払いをしなければならなくなってしまいます。
物にもよりますがリフォームをするとなった時、このようにリフォーム代だけでは済まなくなってしまう可能性も十分にありますので事前に確認を行うようにしましょう。
この部分も含めた総額をあらかじめ算出しておくことで後の混乱を防ぐことが可能です。

関連Link