知って得する不動産取得税とその制度

>

不動産にかかる税

不動産取得の申告期限

通常、申告期限は不動産を取得した日から約2か月にあたる60日以内が多いですが例えば東京都は30日以内と短めに設定されており、全てが60日以内というわけではありません。
各都道府県の税事務所のホームページを見れば掲載されていますので自分の取得した、もしくはするであろう不動産の所在地を管轄する税事務所のホームページをしっかり確認するようにしましょう。

万が一期限が過ぎてしまったからといって申告を受け付けてくれないわけでもないようですので仮に過ぎてしまっても焦ることはありません。
しかし当然期限が定められている以上、過ぎてしまうという事態は避けたいですね。
不動産を取得する上でこの期限の確認も事前に確認しておかなければなりません。

申告の手続き

不動産取得の申告は申告書を提出することで完了します。
税事務所に直接出向いた方が分からない箇所があった場合などすぐに聞くことが出来るのでお勧めですがホームページから申告書をプリントアウトして事前に用意しておくことも可能です。

面積や構造、取得もしくは譲渡日、不動産の所在地や用途などを記載する必要がある他にも前所有者などを記載しなければなりません。
状況に応じて追加での書類提出が求められる可能性もあるので二度手間とならないよう事前に税事務所で確認しておいた方が良いでしょう。

不動産取得の申告を行って初めて不動産取得税の納付書が送付されてきます。
届く時期も都道府県毎に異なっているので具体的にいつ届くかという点は一切不明です。