知って得する不動産取得税とその制度

>

税金免除が可能

悩んだらまず相談しましょう

不動産取得税には税金の軽減制度がありますが必ずしも受けられるというものではありません。
しかし不動産取得税がこの制度によって全くかからないというケースも多く見受けられます。
間違っても何の知識もなく納税してしまわないようにしたいですね。

何の手続きをしなくても勝手に不動産取得税が減額されるという事例もあるようですがきちんと減額申請を行うことで更なる減額が望めます。
不動産取得税の納付書が届いたらまずは都道府県税事務所に確認を取ってみると良いでしょう。
少なくとも自己判断で進めてしまうよりはこちらの方が安全です。

例え新築であっても減額は例外ではありません。
ただでさえ安い買い物ではありませんので少しでも減額されるのであればその方が良いですよね。

軽減制度の条件

不動産取得時の軽減制度はその不動産が新築か中古かで満たさなければいけない条件が若干ですが異なります。
しかしどちらにも共通する条件もありますので覚えておきましょう。

それは建物の場合であれば床面積が50平方メートル以上、240平行メートル以下であり住居用であること。
但し賃貸アパートやマンションの場合は下限が40平方メートルとなっています。
土地の場合だと建物の軽減条件を満たした上で、取得してから3年以内に建物を新築することや、土地の取得者がその間ずっと土地を所有し続けている必要があったりと若干ハードルは高めとなっていますが通常であればあまり意識せずとも満たせない条件ではないですが覚えておくに越したことはありません。